食事制限は糖尿病に限らず大変なものである

人は加齢と一緒に筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が上昇しやすくなるのは、そのためです。食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が上昇します。血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。はじめは血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が高くても自覚症状が伴わず、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症の引き金になるんです。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療には食生活の見直しと改善が必要です。体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために参考になるのが、「糖尿病食事療法の為の食品交換表」です。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、栄養素が多く含まれる種類によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーをふくむ食品の重量を掲載しています。食品交換表を基に普段の食事を意識すると、日々の献立づくりの幅が広がります。日本人の5人に1人は罹るといわれている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるだと言えます。大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、そう考えるのも無理はないです。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、病状が顕著になり始めます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を下げるために欠かすことのできないインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、たいてい夕食の分量が多くなってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。時間をかけることで、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)の上昇を防いだり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。忙しいとき、シゴトの合間に5分で食事をすませるようなことは控えましょう。血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)を正常に保つインスリンとよばれるホルモンの機能が悪化し、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が上昇したままの状態が続く病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)症を予防し、病気に縛られない普段の生活や充実した人生をおくるようにすることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化(色々なタイプがありますが、アテローム動脈硬化症が最も一般的でしょう)症など)も回避できます。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日20単位の食品と交換できますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいだと言えます。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。時節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してちょーだい。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の特質を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のタイミングと作用について考える新しい研究分野です。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」といっても特別なメニューがあるワケではなく、食べ物に含まれる多彩な栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを考えることが大切になるんです。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんへむけた絶対条件というものではなく、健康なひとも含めみんなが考えないといけないことなのです。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。3食バランスよく食べて、食事は少なめにすることが重要です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当と食事の量を減らすことを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品持たくさん摂りましょう。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒糖尿病 食事 宅配 口コミ