クレアチニンを下げるには食事療法がとても大事です

カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病の食事療法・食事制限の目的は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法・食事制限を手掛ける事で腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)への進行を遅らせることができ、透析導入を遅らせることができます。更に言えば、人工透析開始後も、できるだけ健康な状態で人工透析を行っていく上で、食事療法は必須なのです。日々の食事で得立たんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る重要があるでしょう。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、一定値は摂取しないといけません。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については性質上分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で言えば30~40gに相当します。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分と水分の制限を設ける重要性が出てきます。病理制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分病理制限だけになります。水分量の病理制限については病状や尿量から医師が特定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病の食事療法・食事制限が上手くいくと、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。非常に上手くいくと、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられたりするのです。食事療法・食事制限が難しいと言いますが、これは病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を基に創られる老廃物であり、腎臓に達してろ過された後尿と伴に体外へ出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、クレアチニン量もその分落ちていきます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時に比べてクレアチニンの値が下がっていきます。肉・魚・卵・豆腐に関してはなかなかのたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎないように工夫する重要があるでしょう。甘い味付けの食べ物には思ったより多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のたんぱく質が含まれているりゆうです。慢性腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため普段通りに血液が通わなくなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内で増加しはじめます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の元凶となったり、ナトリウムの数値が通常より増して高血圧を起こす危険性が高まります。なのできちんと食事療法・食事制限を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内に供給し続ける事が求められます。慢性腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓機能が落ち込む程に、現状以上に細かに食事を徹底しないとなりません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も求められます。独断で食事プランを立てずに、医師や管理栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。
おすすめサイト>>>>>クレアチニンを下げる